飲むコラーゲンと食べるコラーゲン

飲むコラーゲンと食べるコラーゲン

有効な美容成分として定評のあるコラーゲンですが、たくさんの種類があります。
その中でも最近の主流となっているのが、「飲むコラーゲン」の美容飲料、コラーゲンドリンクと、「食べるコラーゲン」の美容食です。

 

コラーゲンを摂る点は共通していますが、この二つの大きな違いは、形状が異なる点です。
ジュース感覚で気軽に飲んで、美容成分であるコラーゲンを摂取するのが「飲むコラーゲン」です。

 

コラーゲンには特有の匂いがありますが、それらが気にならないような味や香りが工夫されています。
フルーツジュースなどを配合した製品などがあり、お手軽に迅速にコラーゲン摂取できるのがこのタイプの特徴です。

 

それに対して、「食べるコラーゲン」は、水や飲み物に溶かしたり、料理に加えて摂取します。
飲むコラーゲンと違い、一手間いるのですね。

 

その中のひとつ、パウダータイプは、飲み物に溶かせばコラーゲンドリンクと似た感覚で摂取することもできます。
また、パウダータイプは調味していないことが多いため、ジュースやコーヒー、紅茶などの元の飲み物の味を損なわないように出来ています。

 

お料理に使う場合だと、味噌汁やスープに加えたりします。
特別に鍋料理用に作られている製品もあります。

 

女性を中心に大人気となっているコラーゲン鍋は、和風だしや鶏白湯スープをベースにしたものです。
コラーゲンのみならず、薬膳などの成分が配合されているものもあり、健康に配慮されているのも人気の要因なのでしょう。
食べるコラーゲンとしてはゼリータイプもあります。

 

こちらも人気があります。
デザートやスイーツ感覚で食べる方も多いですね。
おいしく食べて、しかも美肌効果が期待できる点が人気の要因となっているみたいです。
ご自分の好みに合わせて、飲むコラーゲンか、食べるコラーゲンか、その形で選ぶのも楽しいですね。

 


トップページ 基礎知識 種類と特徴 人気NO1 人気NO2