コラーゲン不足になったら

コラーゲン不足になったら

コラーゲンが不足すると、どういった問題が起こるのでしょうか?
不足すれば、関節の変形が起こり、痛みを覚えるようになります。

 

膝の関節が変形すれば歩く時に支障をきたすようになります。
骨ももろくなるので、ひびが入りやすくなるため、骨粗鬆症のげんいんになったりもします。

 

コラーゲンは血管を作っている原料であるため、不足すれば痛みやすく、傷つきやすい状態になります。
内壁ももろくなり出血しやすくなるため、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞といった血管に関する重篤な疾患を引き起こす元ともなります。

 

コラーゲンが不足すると髪のつやがなくなってきます。
そうすると枝毛やパサつきが目立つようになり、弾力にも影響して髪質が弱々しいコシのないものに変わっていきます。

 

また、加齢などが原因となり、コラーゲンを作っているリペプチド鎖間に異常をきたすようになります。
硬くなると、皮膚や骨、髪などの弾力、ハリ、しなやかが減少しトラブルを引き起こすようになります。

 

また、お肌のハリや若々しさを保つためにもコラーゲンは必要です。
減少してくると、たるみやしわが出来やすくなり、老化も進行していくのです。

 

コラーゲンは20代を境にして減少していくといわれています。
若々しく、健康維持のためには、コラーゲンドリンクやサプリメントによるコラーゲンの補給が必要になってくるのです。
摂取に努めてゆきたいものです。

 

以上、述べたようにコラーゲンの不足は、健康には悪影響を及ぼしますし美容のためにもマイナスとなります。
「肌が衰えてきたのかしら?」と気付かれた方、コラーゲン不足を疑ってみましょう。

 

コラーゲンドリンクを飲みながら、しみやしわ、たるみなどを改善し、若々しく健康的な生活を送っていきましょう。

 


トップページ 基礎知識 種類と特徴 人気NO1 人気NO2